Return to site

副院長:今村の詳しいプロフィール

院長同様長いですが、読んで頂けたら幸いです!

· 院長,副院長

皆さんはじめまして、副院長の今村です。

院長と同様、ここで僕の自己紹介と生い立ちを紹介させて頂きます。

 

1976年、大阪府豊中市で僕は生まれました。

生まれてから幼少期の頃は、身体が弱くてしょっちゅう体調を崩していたそうです。父も母も、相当苦労したのではないかと思います。

 

小学校に入ってからも体調の悪い時が多く、学校も休みがちでした。

そんな中、最愛の母が病気で他界した上、父は仕事でほとんど家にいなかったので精神的に苦しい時代でした。

そんな事もあり、小学校5年生くらいまではしょっちゅう怪我をしたり、体調を崩しては救急車で運ばれて何度も入院するという事も経験しました。強烈な寂しさを経験したせいか、この頃の夢は「愛溢れる家庭を持ち、海外で幸せに暮らす事」でした。

 

中学時代に入ってからは身体も回復し、ほとんど体調を崩す事なく元気に過ごしていました。この頃の夢は「美味しいコーヒーを出す喫茶店を出す事」。

 

高校時代は穏やかに過ごしていました。寂しさを感じる時間もない程に学校・バイト・遊びを楽しみました。この頃の夢は、「スタイリストになる事」。

 

高校を卒業して、一生懸命働いたお金で夢を叶えようと「服飾」の専門学校に通いました。スタイリストになるという夢を叶えようと必死に頑張っていましたが、「俺はほんまにこの道でいいのか?」と考える様になり、自分の道を自問自答しながら過ごして専門学校を卒業しました。

卒業後は、自分探しの旅に出たり、とにかく考えるという時間を長い期間過ごしました。これは結構、長い期間です(笑)。

 

28歳の時に大きな転機が訪れました。膝の激痛で豊中にある整骨院に通い、あれだけ辛かった痛みががどんどんなくなっていきました。小・中・高と一回ずつ骨折も経験していましたが、その古傷の痛みや違和感さえもその院長は取ってくれました。

その時に「俺もこの仕事で痛みに悩む人を救いたい!」と思うようになり、柔道整復師になろうと心に決めました。

 

僕の身体を治してくれた整骨院に見習いとして入社させて頂き、29歳で柔道整復師の専門学校である「明治東洋医学院」に入学しました。

同じクラスで同い年の片岡院長と出会って意気投合し、3年間を共に過ごし、何とか柔道整復師の免許を取得できました。

 

卒業後、片岡院長とは施術の練習と勉強会を欠かさず続けてきました。知識と技術を共有し合って、2人はどんどん治療家として成長していきました。技術を高め合う中で、自然と「将来は2人で開業したい」という夢を持つ様になりました。

 

免許を取って10年、整骨院とリラクゼーションサロンで、技術も心も沢山学ばせてもらいました。

更に片岡院長からは新たな考え方を教えてもらい、それを実践していくと治療効果は劇的に変わりました。

そんな片岡院長と、開業という長年の夢を叶える事が出来ました。

開業した今、僕にはまた新たな夢が出来ました。

 

それは、「よぉなる治療院から小さな幸せが広がり、やがて大きくなって果ては世界中を幸せにする事」です。

目の前のクライアント様を幸せにする事から始まる、「幸せの連鎖」です。

「心と身体」が豊かになれば、きっと幸せになれます。

僕達を信じて是非「よぉなる治療院」に会いに来て下さい。

みんなで、いっぱい幸せになりましょう!

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly